困った我が家のメタボ猫…肥満解消キャットフードの選び方

飼い猫がついつい可愛くて、ついついご飯やおやつを甘やかしていませんか?
「結構ぽっちゃりになってきたかも…でもそんな姿もかわいい」なんて考えはNGです。

肥満状態が続くと、猫の健康によくありません。健康に長生きしてほしいなら、心を鬼にして体型維持に務める必要があるのです。

この記事では、メタボ・肥満解消のキャットフードの選び方をご紹介します!食事によるダイエットがうまくいけば、あなたの猫が健康に長生きできますよ。

この記事を読むのに難しい知識は何も必要ありません。まずはメタボ・肥満のリスクから見ていきましょう!

メタボ&肥満は放っておくと危険!?

ご飯やおやつに夢中な猫は、見ていて幸せな気持ちになりますよね。しかし体型をキープさせてあげないと、体調不良や病気のリスクが上がってしまうのです。

7kgを超えると肥満?

一概には言えませんが、標準的な大きさの猫で、7kgを超えると肥満とされています。あなたの家の猫はいかがでしょうか。体重がよくわからないという方は、見た目として

・触ると肋骨が見当たらない
・腰のくびれが見られない

などのケースが危険信号と言われています。

肥満が続くと健康に異変?

肥満の状態が何年も続くと、健康に異変が生じるようになります。

まず肥満の場合、うまく体が動かせませんよね。ムリに動くと関節などに負担がかかり、下手をすると怪我のリスクがあります。そして運動不足が悪循環となり、さらなる肥満を呼ぶのです。

また肥満状態が続くことで、

・糖尿病
・心臓病
・皮膚病
・歯周病
・尿路疾患

などの病気を引き起こす可能性があります。こうならないためには、運動に加えて、食事の方法も見直さなくてはいけません。

食事の方法を変えよう

メタボ・肥満を解消するためには、食事の方法を変える必要があります。ダイエットの基本として、消費カロリー>摂取カロリーが守れれば体質は改善されますよね。よって下記を心がけましょう。

目分量はやめる

目分量は無意識にご飯を多くよそってしまいがちです。「大体このぐらいでいいかな~」ではなく、きちんと量りや軽量カップを使って、適正量を猫にあげましょう。

ご飯の回数を増やす(量は変えない)

一度に多く食べるより、小分けで少量を食べた方が太りにくいと言われています。人間のダイエットと同じですね。もちろん1日の食事量は増えないように心がけることが重要です。

長期スパンで考える

いきなりご飯の量を大きく減らしてしまうと、猫の満腹感が満たされず、ストレスにつながるケースがあります。ストレスが溜まると精神的によくないので、ご飯の量は徐々に減らすようにしましょう。

目指せ肥満解消!キャットフードの選び方

ドライタイプ・ウェットタイプと種類がありますが、メタボ・肥満解消のための市販キャットフードはどのように選べばいいでしょうか。

低カロリー高タンパク

カロリーは減らす必要がありますが、タンパク質は多く摂らなくてはいけません。もともと猫は肉食で、動物性タンパク質をもっとも欲しています。タンパク質を摂ると満腹感が出るので、猫のストレス対策も安心です。

穀物はNG

穀物は猫のエネルギーになりにくい上、消化もよくありません。さらに穀物は炭水化物で、太りやすい成分の代表格です。キャットフードを選ぶときは原材料表示を見て、穀物が入っていないものを選ぶのがおすすめですね。

脂質が多いもの

肉食の猫は脂質を消化吸収しやすい体の構造をしています。脂質は短時間でエネルギーに変わりやすく、多く摂っても脂肪になりにくい成分です。脂質の少ないものは満腹感が得られにくいので、脂質が多く含まれているフードを選びましょう。

まとめ

メタボ・肥満のリスクや解消方法、ダイエット用キャットフードの選び方を見てきました。おさらいすると、選び方のポイントは、

・低カロリー高タンパク
・穀物はNG
・脂質が多いもの

の3つでしたね。この記事を読んだことで、食事によるダイエットがうまくいくイメージができたと思います。

まずは通販サイトの売上ランキングや口コミをチェックしてみましょう。評価や評判がいい、安全性の高いダイエット用キャットフードが見つかるはずです!